ZX-10R(ZX1000J/K【ABS】前期)-since 2011-

12年式10r

motoGPを撤退したカワサキがプライドを捨て本気で勝ちを取りに来たと言える2011年式10RのJ型とK型(ABSモデル)

カワサキ曰くこれが10Rとしては初めてのフルモデルチェンジだそうです。今までの多岐に渡るモデルチェンジは全部マイナーなのか・・・そんなバカな。

 

構造的な事を言うと、独自路線(独自三角配置・バックボーンフレーム)をヤメて他社と同じく横を通るツインスパーにメインシャフトを寄せ上げる三軸レイアウトへと変更されました。

Engine

開発者によると敷居を下げるため先代まで熟成を図ったものの思うように高い敷居を下げる事が出来ず、完全新設計に踏み切ったとの事。やっぱりカワサキも気にしてたんだね・・・

先代までと違ってSSとしてはオーソドックスになってる造りから見てもその事が伺えます。当然ながら特性も今までとは打って変わって非常に扱いやすくなってる。

2011ZX1000J

しかしそこはカワサキ、ただオーソドックスな造りにして窓口をまた広げるだけでは勿論なく、何とストック状態で200psを発揮するエンジンを載せてきた。これでパワーウェイトレシオが”装備重量”で1を切った。

凄い・・・何でも”CBR1000RRより軽く”が目標だったそうです。

トップブリッジ

他にもBOSCH製世界最小ABSに、予測型TCS(トラクションコントロールシステム)、BPF(ビッグピストンフォーク)、オーリンズ製ステアリングダンパーなどなど豪華装備。

カワサキ独自な部分も勿論あります。

それはホリゾンタルバックリンクリアサスペンション(Horizontal Back-link Rear Suspension)という長い名前のリアサス構造。

ホリゾンタルバックリンクリアサスペンション

サスペンションを上部に水平に近い形で配置する手法で、こうすることでマスの集中化とキャタライザー(触媒の弁当箱)のスペース(腹下)を大きく取ることが出来るというわけですね。

 

さて、窓口を広くという思惑でしたがこのABSとTCSによりサーキットに慣れていない人でもタイムを出せるという事例があっている辺り嘘じゃないんだろうなと思うわけです。

TCSについては独メーカーの某SSより優れているとまで言いのけてます。

2012ZX-10R

外見も大幅に変わりましたね。

プロジェクターをヤメて再びマルチリフレクターへ、ウィンカーもオーソドックスなミラーへのビルトインに変わりデザインは良くも悪くもカワサキ色は薄い。デザイン面でも窓口の拡大を狙ったのかな?

ちなみにデザインのモデルは黒豹らしいです・・・いや緑ですやん。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:998cc
最高出力:200ps/13000rpm
最大トルク:11.7kg-m/11500rpm
車両重量:179kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

関連コンテンツ